支援目的の手作りワンコ服(チャリティークロワン)

    ●福岡発信:2015/01/08 悪性リンパ腫のサムちゃん正式に我家に迎えました~♪

指定期間 の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さくらの皮膚病再発

2009.05.17 (Sun)
さくらの丸刈り
クロワン再開準備していたのですが、さくらが又膀胱炎に。
5月8日の早朝までは尿チェックに異常は無かったのに、夕方頻繁にトイレに行く姿を発見。。。ピンクの尿発見に、またもや目の前真っ暗(-_-;)
すぐ病院に飛んで行き、注射とお薬。
さくらのケアも少々怠っていたのが原因かも。
前からちょっと気になっていたサイトを思い出し、じっくりサイトの隅から隅まで読んでみた。さくらの皮膚病に似ているなぁ~って思われる写真が数点あった。そして何となくわかりかけて着た様に思った。
要するに内的疾患と外的疾患は別に考えるべきでは無いかと。

さくらの毛を丸刈りにしてみたら、あちこち真っ赤になっている。
素人考えだけど、さくらの皮膚に巣食っている真菌を退治しない限り、永遠に完治しないのでは無いだろうかと。
思い切って自然貝治療を始めました。

http://www.sizenkai.jp/

自然貝治療は皮膚病の幹部だけをケア出来ません。
何故なら菌は毛がある方に逃げていってしまうからです。
耳に逃げ込まない様に、耳の回りも除菌(ズーフレッシュ)
身体の内側ほとんどズーフレッシュでビショビショになります。
したがって身体の体温が急激に冷えるので、この夏場に集中治療しなくてはと思います。
ズーフレッシュ後メンテナンスを乾いたら塗り、乾いたら塗り、その度にバスタオルで覆って乾くのを待ちます(約1時間)

皮膚完治後もお散歩後「ズーフレッシュで除菌」を怠り無く続ける事が最大のポイントだと思う。

現時点では「内的治療はカタライザー」「外的防御はズーフレッシュ!」

現在治療中の間にカタライザーで皮膚を丈夫にし、外的攻撃を跳ね返す皮膚に。
カタライザーも今までの2倍を服用させています。

カタライザーのお陰でさくらの腸内環境がとっても良好になってきてます。
あんなに硬いコロコロウンチだったのが、MOMOとさくらと同じ様なウンチが出てます。そして食糞しなくなりました。

腸内環境と皮膚の状態は密接な関係があると聞き、納得しました。

写真は丸刈りされたさくら・再発したさくらの皮膚など。
デジカメの調子が悪く、写りがイマイチ。
さくらの皮膚炎
自然貝



スポンサーサイト
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。